米国最強経済学者にして2児の母が読み解く 子どもの育て方ベスト [ エミリー・オスター ]

Seller: book
Current price:
1,870 ¥
16.93
Tax: Tax free
Domestic shipping fee: Updating
Quantity:
Note:

Item description

Translate
エミリー・オスター 堀内久美子 サンマーク出版ベイコクサイキョウケイザイガクシャニシテニジノハハガヨミトクコドモノソダテカタベスト エミリーオスター ホリウチクミコ 発行年月:2021年02月22日 予約締切日:2021年01月19日 ページ数:520p サイズ:単行本 ISBN:9784763138439 オスター,エミリー(Oster,Emily) 米アイビーリーグの名門校、ブラウン大学経済学部教授。経済学者の両親のもとで育つ。ハーバード大学で統計学を学び、経済学の博士号を取得。開発経済学、医療経済学など幅広い分野の研究成果がメディアで注目され、2007年には有名講演者の登壇するTEDカンファレンスでアフリカのエイズ問題を講演。シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネス准教授時代の2013年、自身の妊娠出産で検証した客観的なデータをもとに、著書『お医者さんは教えてくれない 妊娠・出産の常識ウソ・ホント』(東洋経済新報社)を刊行、大反響を呼ぶ。夫は同じブラウン大学教授の経済学者ジェシー・シャピロ。2人の子どもと共にロードアイランド州プロビデンスに在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) プロローグ 経済学者で2児の母が膨大なデータを見て語る子育て/第1部 出産直後ー「小さな人間」の誕生。まず起きること(最初の3日間ー母子同室は思ったほど「メリット」がない/自宅へー新生児は「泣きやまない」の? ほか)/第2部 1歳までー意見が割れる「子育て初期」、経済学者のベストアンサー(「母乳育児」神話ー母乳で「賢さ」は決まらない/母乳で育てるハウツーー最もいいあげ方は? ほか)/第3部 赤ちゃんからトドラーへー「意思」を持ち始め、歩き、話し、悪さする時期(歩きはじめの早い遅いー「うちの子の成長は平均?」/ベイビーアインシュタインvsテレビの視聴ー「知育教材」は本当に効果がある? ほか)/第4部 家庭生活ー最も円満な家族生活を送るエビデンス(最良の「夫婦関係」ーよき「パートナー」でいつづけるには?/次の子どもーいつ産むのがベスト? ほか) 0歳から就学まで「子育て」「子どもの成長」に関する世界最新データを集約した、ほかに類を見ないすべてに科学的根拠を求めた育児書!経済学者の両親のもとに生まれ、ハーバード大学で統計学を学び、名門ブラウン大学で経済学部教授を務める医療経済学者が、子育てに関するデータを世界中から集めて徹底分析!子ども・親にとって科学的に「ベスト!」といえる育て方! 本 美容・暮らし・健康・料理 妊娠・出産・子育て 妊娠・出産・子育て
  Estimate Price Messenger Whatapp