リッポン マチュア・ヴァイン ピノ・ノワール [2017]750ml (赤ワイン)

Seller: umemura
Current price:
4,290 ¥
38.85
Tax: Tax free
Domestic shipping fee: Updating
Quantity:
Note:

Item description

Translate
“ニュージーランドのロマネ コンティ”との異名をとるリッポン 1974年、ニュージーランド南島の南端、セントラル・オタゴのワナカの一族が所有する土地へ戻ってきたロルフ・ミルズは、まず実験的にヴィティス・ヴィニフェラのブドウを植えてみたという。その後、専門家の反対を受けつつも、気候的なデータに勇気づけられ、1982年に商業用のブドウ畑を開墾。1989年に最初のワインをリリースした。これがセントラル・オタゴにおけるワイン造りのパイオニア、リッポン・ヴィンヤードの始まりである。 今日、リッポン・ヴィンヤードのワインメーカーは息子のニック・ミルズ。彼はフリースタイル・スキーの選手として知られ、21歳の時に国内チャンピオンに輝いたほどの腕前。1998年の長野オリンピックでも期待されたが、数カ月前に膝を痛め、残念ながら夢は打ち砕かれた。その年に彼はフランスへと渡り、4年間、ジャン・ジャック・コンフュロンやドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティで修業。2002年にリッポンに戻り、ワイン造りの指揮をとることとなった。 リッポンの畑はいまだフィロキセラの被害を受けていない、世界でも数少ない畑であり、セントラル・オタゴ地方でも最も古いブドウの木が根からそのままに育っています。環境に配慮したビオディナミ栽培を実践、ニューワールドでは珍しく灌漑も行っていません。全て自然のまま、その敷地の土壌や気候に合った果物やワインを生産しています。 「マチュア・ヴァイン ピノ・ノワール」は、当主のニック・ミルズが目指す、その土地、ファームを表現するワイン。成熟したブドウ樹から収穫されるピノ・ノワールを使用し、以前はジュネスとして使われていたブドウ樹も樹齢を重ねたものはこちらのアッサンブラージュされます。 ■テクニカル情報■ 醸造・栽培、発酵(樽/タンク):ステンレスタンク(2トン)、発酵温度:15-30度、発酵期間:12-28日、使用酵母:自生酵母、熟成(樽【新樽率】/タンク):新(24%)〜4年フレンチオーク樽(225L)、熟成期間:16か月、マロラクティック発酵の有無:する(自発的)、瓶詰め時のフィルターの有無:なし、土壌:リッポンの北向きの急斜面は末端堆積と粗い礫岩の合流地点を形成。すべてシストを基盤。、ぶどう品種(セパージュ):Pinot Noir、密植度:3800-5700本/ha、農法:バイオダイナミック RIPPON Vineyard & Winery Rippon Mature Vine Pinot Noir リッポン・ヴィンヤード&ワイナリー リッポン マチュア・ヴァイン ピノ・ノワール 生産地:ニュージーランド セントラル・オタゴ地方 ワナカ 原産地呼称:GI. CENTRAL OTAGO ぶどう品種:ピノ・ノワール 100% 味わい:赤ワイン 辛口 ミディアムボディ ジェームス・サックリング:99 ポイント RIPPON PINOT NOIR CENTRAL OTAGO MATURE VINE 2017 Tuesday, November 9, 2021 CountryNew Zealand RegionCentral Otago Vintage2017 Score 99 This offers aromas of violets, blueberries, red and dark cherries, fragrant, freshly cracked black pepper and wet dark stones. Complex, but still tightly wound and reserved. The palate is very concentrated, dense and elegantly poised with such powerful tannin, carrying concentrated blueberry and dark-cherry flavors long. Really taut, fully ripe and mouthwateringly intense pinot noir. Dark cherry-pit freshness to close. From biodynamically grown grapes. Drinkable now, but better in five years. vinous:94 ポイント 94 pts Rippon Vineyard 2017 Pinot Noir Rippon Wanaka, Central Otago Red wine from New Zealand Drinking window: 2021 - 2028 Seductive, come-hither Pinot Noir that tastes like it's just finished a three-day yoga retreat. I could talk about the dried herb, umami and plum flavors, but that would be neglecting what is important about this wine: its ease of texture and in particular the almost honey-like texture of the tannins. It has relatively delicacy on the palate but it expands, giving a sense of generosity in terms of the space it covers while in your mouth. Starting to drink now ? as are many of the 2017s vs the current-release 2019s ? this should continue to evolve gracefully until the latter half of the 2020s. The finish is all tea leaf and plum, spice and cedar. And, in the world of Pinot Noir, still relatively well priced. Rebecca Gibb MW. Tasting date: January 2021 ワインアドヴォケイト:91 ポイント Rating 91 Release Price $62 Drink Date 2021 - 2030 Reviewed by Joe Czerwinski Issue Date 1st Apr 2020 Source End of March 2020, The Wine Advocate From a cooler vintage, Rippon's 2017 Mature Vine Pinot Noir is a considerable success. Herbal and floral notes on the nose accent cherry fruit, while the medium-bodied palate is ripe and silky, with a firm core of acidity for structure and a long, slightly stony and austere finish.RIPPON Vineyard / リッポン・ヴィンヤード 元世界的スキーヤーでニュージーランドのカリスマ的醸造家 ニック・ミルズ手がけるビオディナミ農法のワイン 1974年、ニュージーランド南島の南端、セントラル・オタゴのワナカの一族が所有する土地へ戻ってきたロルフ・ミルズは、まず実験的にヴィティス・ヴィニフェラのブドウを植えてみたという。 その後、専門家の反対を受けつつも、気候的なデータに勇気づけられ、1982年に商業用のブドウ畑を開墾。1989年に最初のワインをリリースした。 これがセントラル・オタゴにおけるワイン造りのパイオニア、リッポン・ヴィンヤードの始まりである。 今日、リッポン・ヴィンヤードのワインメーカーは息子のニック・ミルズ。彼はフリースタイル・スキーの選手として知られ、21歳の時に国内チャンピオンに輝いたほどの腕前。1998年の長野オリンピックでも期待されたが、数カ月前に膝を痛め、残念ながら夢は打ち砕かれた。その年に彼はフランスへと渡り、4年間、ジャン・ジャック・コンフュロンやドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティで修業。2002年にリッポンに戻り、ワイン造りの指揮をとることとなった。 リッポンの畑はいまだフィロキセラの被害を受けていない、世界でも数少ない畑であり、セントラル・オタゴ地方でも最も古いブドウの木が根からそのままに育っています。 畑はワナカ湖に隣接し、湖が気温変化を緩和したり、また畑の目の前にある小島は、アルプスからの吹き下ろしの風を直接ブドウ樹に当てずに風力を弱めます。土壌の特徴はシストの種類が多様である事。環境に配慮したビオディナミ栽培を実践、ニューワールドでは珍しく灌漑も行っていません。全て自然のまま、その敷地の土壌や気候に合った果物やワインを生産しています。 ニュージーランドのカリスマ的醸造家ニック・ミルズが手がけるピノ・ノワール、リースリング、ゲヴュルツトラミナーなどのワインは、世界で高い評価を受けています。 2012年7月11日 リッポンの当主ニック・ミルズ氏ウメムラにご来店いただきました!
  Estimate Price Messenger Whatapp